化粧品で肌のネバーエンディングストーリーを作る

美容

美しいお腹づくり

妊娠線は一度出たら消えません。

女性

妊娠中に心配になることの一つに妊娠線があります。妊娠線は、急激にお腹が大きくなることによって皮膚や組織が引っ張られ、赤紫色の線で出てしまうものです。お腹のみでなく、胸や二の腕などにも出ることがあるので注意が必要です。そして何より困るのは、一度出てしまうと出産後でも消えなくなってしまうことです。ですから、妊娠線が出てしまう前に予防してしまうことが大切なのです。 現在では様々な種類の妊娠線予防クリームやオイルなどが出ていますので、これらを使って予防することができます。予防のためにはお腹が大きくなり始める前の妊娠4、5ヶ月頃から毎日朝晩たっぷりとクリームなどを塗ることが大切です。毎日忘れずに必ず塗りましょう。

クリームはどのようなものがいいのか

妊娠線予防のクリームは価格の高いものから安いものまで様々なものがあります。安いものでは効かないのかとかクリームよりオイルのほうがいいのかなど迷ってしまうことも多いかと思います。 まず、価格によって違うのかということですが、やはり成分には違いがあるようです。ですが、高額なクリームをもったいないからといって少しずつしか塗らないよりも安いものでもたっぷり塗った方が効果があったりすることもありますので、必ずしも高いものでないと効果がないということはありません。妊娠中長い期間使用するものですので、無理のない範囲で選ぶことが大切です。 次にクリームとオイルの違いですが、どちらの方が効果が高いということではなく、特徴に違いがあります。クリームよりもオイルの方が、身体に浸透しやすい特徴がありますが、クリームの方が水分が多く保湿効果が高いという特徴があります。 何を選ぶにしても、自分に合うものを選んで継続して塗り続けるということが妊娠線を予防する一番の方法なのではないでしょうか。